2018・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/05/08 (Mon) 5年ぶりの更新
もっとコンスタントに書きたいと思いつつ、前回の書き込みからもう5年も経過!
びっくりです。

あれからいろいろありました。

・会議通訳修士号(MACI)取得後、アメリカの日系大手自動車会社の研究所で
 社内同時通訳者として就職。
・父の死が近いと知り、↑の会社を2013年に退職。父を看取る。結婚、出産。
・2015年、7年近くぶりに帰国。フリーランス会議通訳者としてあらためて日本で活動開始。

大好きなWRCは2008年のヨルダンラリーを最後に観戦ができていませんが、
諸々落ち着いてきているので今年ひとつでも行ければと思っています。
せっかく日本に帰って来たので全日本ラリーにも行きたい!

と、いうところですが… 実は現在、
テレビ朝日「地球の走り方~世界ラリー応援宣言~」に
コメンテーターとして出演させていただいています

これには本当にびっくり、全く想定外の展開でした。

→ 「地球の走り方~世界ラリー応援宣言~」
→ 同サイト内:番組情報やWRC情報
→ 同サイト内:「桂田アマンダ純の世界ラリー講座」

番組の初回(第一戦モンテカルロ)の冒頭でもあったのですが、現在日本でのラリーや
WRCの認知度は非常に低いようです。サーキットでやるレースは展開がわかりやすいですが
ラリーは全くやり方が違うため、そもそもとっつきにくい。
さらに、日本メーカーがマニュファクチャラーチームとしての参加を長年しておらず、
かつWRCに日本人選手もほぼ出ていない状態だったので、やはりよほど好きな人でない限り
観ない状況だったのでしょう。メディアの露出も減っていました。
まさに「知る人ぞ知るカテゴリー」状態。

18年振りにトヨタがマニュファクチャラーチームとして華々しく復帰したので、
これは日本でのWRCの知名度をあげるチャンス!
WRC(ラリー自体も)を知らない人がこの番組を軽い気持ちでエンタメ番組として観てみて、
「おもしろいかもなー、もうちょっと調べてみよう」「行ってみたい」と
思ってもらえることの一助となればうれしいです。

現在ではいろんなメディアでWRC情報や中継が見られるのでぜひ見てみてください!
→ J-SportsチャンネルのWRCページ(日本唯一の本格的なWRC番組!)
→ WRC.com(公式:英語) 生中継インターネットラジオもあり! 
→ Red Bull TVのWRC無料生中継(2017年シーズンのアーカイブあり)

私自身、WRCの何が好きかと言われるとやっぱり
「ラリー自体も、行った先の国や地域の文化もがっつり楽しめること」です。
サービスパークでは目の前でマシンを直している姿が見えるのでメカニックの神業を
見るのも楽しいですし、SSでは目の前をラリーカーが爆走。
周りのスペクテーターと一緒に大声援。
さらに、サーキットなどで出店のB級グルメを食べるのも楽しいですが、個人的には
やっぱりSSの合間や移動途中にどこかふらっと街に寄り、そこに普通にあるお店に
行って地元の方々のような体験ができるのが一番うれしいのです。
モータースポーツも開催地の文化もがっつり楽しめる、
それがスペクテーターとして観に行く醍醐味!

また、自分はもともと人と話すことが大好きなので、行った先のWRCイベントでは
地元の観戦客やタイヤメーカーの人、チームの人、運営の人など、
機会があればガンガン話しかけていました。
ドライバーやコドライバー以外にも、たくさんのWRCに関わっている人、
楽しんでいる人の思いや考えを聞くことが本当に楽しかった。
これからも、WRCイベントに行くたびにそれが出来れば本当に嬉しいです。

今年こそどれか行きたいんですが、どれがいいかなあ。
ドイツに行く?と家族とは話してます。笑

2012/05/07 (Mon) ご無沙汰してます
前回の更新からもう二年近く??経ってしまいました。

あれから無事大学院を修了し、某自動車会社の米国研究所で同時通訳として勤めるようになりました。本当に忙しいですが、毎日が充実してやりがいがあります。

これからちょこちょこと、自分が経験していることや考えていることの覚書として
さまざま書き留め、また日本語力キープに努めたいと思います。
米国に来てもう四年近く、実際少しずつ日本語が劣化している気がしてなりません。
がんばろう。

mont saint-michel
12/27/2011 モンサンミッシェルからフランスを望む

ちなみにこのフランス旅行中に、愛用のCanonの一眼レフカメラが盗まれてしまいました。
現在はiPhoneしか使えてません。早く一眼がほしいなあ、またこちらにアップしたいです。

2010/04/11 (Sun) ヨセミテ国立公園
昨年はなかった春休み、せめてどこかモントレー半島から離れたい!
というわけで、ずっと行ってみたかったヨセミテ国立公園へ、国際政策学部の友人と突発で二泊三日のロードトリップを敢行しました。

giant sequoias

3/25-28 Yosemite National Park

この時期のヨセミテは雪が多く閉鎖されている道も多いのですが、逆に言えばその分観光客が少なくて狙い目だとか。売店の人曰く、5・6月は雪解けのため滝を見たい人にとって理想の時期、また7・8月は世界中から夏休みのため観光客が押し寄せるため、公園の入るためだけに一時間待ちという状況になるそうです。実際そこまで酷いのかな。

モントレーからは北東へクルマで約4時間ということで、木曜日はひたすら運転+一休み+運転…(とは言え私はまったく運転しませんでした。申し訳ない…)
同じ北部カリフォルニアとは言え、時間が経つにつれ地形や植物、文化が全く違っていく様子がわかっておもしろかったです。

the usual monterey landscape
北上中… この地形・植物の感じはまさにモントレー半島。

4時間後、ヨセミテバレーから30分のフィッシュキャンプにあるホテルにチェックイン。
バレー内のホテルがもう一杯で取れなかったのでした。残念!
そして荷物だけ置いてすぐにセコイアの巨木が並ぶマリポサ・グローブへ。

beautiful moss
美しい苔に彩られた道路沿いの木。
マリポサ・グローブに行くには、バレー入り口すぐの駐車場にクルマを置いて歩くしかありません。本来ならば中までクルマで入れるんですが、この日は道路解禁日前日。
家族連れやお一人様がぽつぽつと道路を歩いて行き来していました。

arriving at mariposa grove

やっとマリポサ・グローブ入り口に到着!1時間は歩いたような…
ここで初めてセコイアが視界に入るので、たどり着いた時は本当に感動しました。美しい!

fallen tree
目的地、最大のセコイア「グリズリー・ジャイアント」を目指してどんどん歩きます。
あたりは倒木や伐採された巨木だらけ。

friendly passerby
「写真撮ってあげようか?」と言ってきたお茶目なおじさん。
カールしたお髭と防止に丁寧に付けられた松の小枝が素敵。

grizzly giant

さらに1時間ほどの行軍に疲れ果て、「まだか…」と思い始めたところでようやく到着!
なんだこりゃ!というのが真っ先に出た感想です。樹齢2700年、幹周りは29mの巨樹。

mariposa groves
陽が傾き、気温も下がってきたのですぐに引き返します。ここから駐車場まで2時間弱…

fallen tree 2

美しい倒木

moss on a fallen tree
苔まで美しい


駐車場に着いたころには疲弊しきっていておなかもぺこぺこ。
バレー内のホテルに付属している食堂でごはんを済ませて部屋に戻り、多少勉強をし、就寝。
次のエントリに続きます。


2010/04/05 (Mon) フィンランド他ラリー観戦に関するお問い合わせについて
フォームメールからご連絡くださったMabuchi様、ラリー観戦で検索してこちらにたどり着いた方々へ

ご連絡ありがとうございました。
私がDR社主宰の観戦ツアー引率に関わる可能性があったのは一昨年前(2008年)のフィンランドのみであり、それも時間内に日本からの参加希望者が必要人数集まらなかったのでそのままキャンセルとなりました。以降、私自身がラリー観戦に行く時も完全に個人旅行となっており、DR社のツアーに参加する際も一個人として参加しているのみとなっています。

これまでのブログの記事でその流れがわかるようにしていましたが、やはりひとつの記事に記すべきでした。また、一昨年前の記事にフォームメーラーを設置したままにしていたことも混乱を呼ぶ要因となっていたようです。よく解らない書き方で混乱を生じたこと、申し訳ありません。
(フォームメーラーは本日削除しました)


2010/03/10 (Wed) ラリーメキシコ+三菱ラリーアート



ここ数日でラリーに関する嬉しい知らせと悲しい知らせが…
ペター、ラリーメキシコ二位おめでとう!
本当に嬉しいです。長かったね!もうあとはポディウムの頂点に立つしかない!
joopa、Mackyさん、ニュースお知らせ+コメントありがとうございました。

ついさっきヤフーニュースのトップにあったので気付いたのですが、
ラリーアート、今月末で業務終了だったのですね…
多くのマニュファクチャラーの撤退やモータースポーツ部門業務終了、どうにも切ないです。
今一番活気があるモータースポーツカテゴリってなんだろう。
どれもこれも景気後退のあおりを受けているとは思いますが、「マシ」なものはあるんでしょうか。
WRCなりIRCなり観戦に行って情報を入れてみたいものです。



学校のキャンパスには桜の木が目立たないながらもあり、そういえば2月にもう花が咲いて散っていました。それが今日はダウンジャケットを着なければならないほどの冷え込み…相変わらずのモントレーの天候です。

5月の卒業まで、春学期の折り返し地点まで来ました。
外部からの素晴らしい招待講演者の方々の講演を学生の身ながら通訳する機会があるのは嬉しい!フリーの通訳・翻訳者としても仕事を続けている中で、MIISに来て特にスキルアップしたと痛感することが多くなりました。相変わらず毎日大変ですが、頑張ります。


プロフィール

AJK

Author:AJK
WRC観戦が趣味の通訳・翻訳者です。
ひとつの文化として世界ラリー選手権が大好き!
テレビ朝日「地球の走り方」のコメンテーターとして出演中。

米国で会議通訳修士号(MACI)を取得後に自動車専門の同時・逐次通訳として活動、2015年より日本で会議通訳者として活動しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。