2017・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/13 (Sun) ヨルダンのこと
※フィンランドラリー観戦ツアーに関してすでにご意見くださった方々、ありがとうございました! ある程度集まったら反応・ご要望などをまとめてDR社に提出致します。 メールフォームは6月末ぐらいまでは設置していると思いますので、引き続きご意見お待ちしております。


どこに旅行するにしても、行き先の現状、歴史、文化的背景を知っておくと吸収できる感動もひとしお!というわけで、ヨルダンに行くにあたり歴史や王室、経済状態やら何やらざっと読み集めています。
最近「アラブの富豪」(前田高行著、新潮文庫)という本を読んで、おもしろかったのでまとめ:

地域的に金満国家なのかと思いきや、意外とヨルダンはあの地域髄一の貧乏国家らしい。元から小さい国土(日本の四分の一)のほとんどが砂漠で石油や天然ガスといった産出物もないため、石油産出国のサウジアラビアや米国との繋がりが強い軍事大国イスラエルに比べれば、確かに比べ物にならないほど「貧しく」見える(国民1人あたりのGDPは2300ドル)。周りを大国に囲まれ、常に彼らの立てる波にもまれてきたヨルダンが生き残るために取れる方法は「外交のプロになる」ことだったらしい。最近では近隣国の余剰オイルマネーの投資先に特化することで外資の呼び込みを積極的にかけており、そちらでも成功を収めつつあるとのこと。

ちなみに国名にもある「ハシミテ」は、ヨルダンを統治している王家から来ている。そう言えば王室の名を国の名称に冠している国って珍しいかも、と思っていたら「~富豪」に以下のくだりがあった。

中東の歴史と政治はヨルダンのハシミテ家を抜きにして語ることができない。何故ならハシミテ家は、イスラム教の開祖ムハンマド直系の子孫として中東では右に並ぶもののない由緒ある家系だからである。

なんと!
(サウジアラビアも「サウド家が治めるアラビア」という意味なので王室名を冠しているとのこと)
ところでその由緒正しきハシミテ家(厳密に言えば「ハーシム家」。「ハシミテ」は「ハーシム(家)の」の意)のアブドゥッラー国王は、イギリス人とのハーフである。先代フセイン国王の2番目の王妃がイギリス人のムナ王妃であったからだ(国王はムスリムの母から生まれなければならないということで、公にはされていないもののムナ王妃もムスリムに改宗していたのではという説がある:wikipedia参照)。人種・宗教・国民感情も絡んだであろうこの辺の皇太子入れ替わり劇も非常に興味深い。それに加え、アブドゥッラー国王のラニア王妃はパレスチナ人。しかもアブドゥッラー(当時は王子)が皇太子になる前に結婚したため、政治的な意図があるとは考えにくい。パレスチナ人が多いヨルダンにおいては、偶然とはいえ良い組み合わせであるようだ。

ヨルダンのことを知るためと言いつつ、結局近隣国家のことも一通り見てみることになったが、それにしても本当に興味深い。なにせ自分はこの地域のことを経済的な面でしか知っておらず、その歴史的背景や文化、それらが現代にどのような影響を与えているかなどはおぼろげな感覚としてしか持っていなかった。

今回は主にインターネットで情報をあつめ、「アラブの富豪」はたまたま入った書店に積んであったものを手に取ったらおもしろかったので購入した。ここ数年アラブ地域への注目は高まるばかりなので関連書籍は星の数ほどあるだろうが、「富豪」は合間にちょこちょこ読んでいけるつくりで入りやすかった。ビジネスマンでなくとも、現代のアラブ世界の概要を知るための入門書としておすすめ。
なんだか本のおすすめコーナーになってしまった(笑)


私がヨルダンで触れるのは王室や規模の大きいビジネスとは無縁のものだが、もし機会があったら現地の人といろいろ喋ってみたい。楽しみだ!


※今、WRC.COMアーカイブで往年の名車特集やってますね。これは燃える~!
    ①グループBマシン ②アウディ・クアトロ
    ③プジョー・205 T16 ④ランチア・デルタ
    ⑤グループAマシン ⑥ミツビシ・ランサー
    ⑦スバル・インプレッサ 次回は⑧フォード・エスコートMKII
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://ajk.blog75.fc2.com/tb.php/67-bb80bd46

プロフィール

AJK

Author:AJK
WRC観戦が趣味の通訳・翻訳者です。
ひとつの文化として世界ラリー選手権が大好き!
テレビ朝日「地球の走り方」のコメンテーターとして出演中。

米国で会議通訳修士号(MACI)を取得後に自動車専門の同時・逐次通訳として活動、2015年より日本で会議通訳者として活動しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。