2006・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/15 (Sun) トルコラリー2006
トルコラリー終了!

今回はオフ時に腕を骨折したセブが出場出来なかったわけで、さーてどうなるのかと思って観て(ウェブ情報だけど)いたが、なるほど、グロンホルムが堅実に優勝を決め、2位がミッコだったことでフォード勢のワンツーフィニッシュ。

好調に飛ばしていたペターは残念ながら岩をヒットし、リタイヤ。2位の座をミッコに明け渡すことに… そして3位はWRC初ポディウムフィニッシュのソルベルグ兄ことヘニング!
おめでとう!
弟よりもマイペースで柔らかい印象があるけど、インタビューでも答えていたように思いっきり祝ったんだろうなあと思うとほほえましい。コドラのカト・メンケルドはペターが国内選手権に参戦していた時代の相棒だったわけで、ペターWRCにステップアップ時にフォードから切られた恨みは少しでも晴れたかな。長い間、今に見てろよ、と思っていたに違いない。

それにしても、切り崩せない宿敵(というには正直先に行き過ぎてしまっている)ロウブが欠場して、優勝のチャンスが激増したペターのこの不運には正直泣ける。私だったらもうこんなのやめる!と思ってしまうが、ここでそんな泣き言は言わないのがペターだろうな。

ミッコの快進撃は目を見張るべきで、クルマとの相性もかなり良いらしいのが嬉しい。ラリー・フィンランドとラリー・ジャパンで会って話した時の彼のオーラったらなかった。人はこんなに輝けるものなのか!
プライベートでも愛する女性との間に子供も生まれ、キャリアは右肩上がり。これからも本当に楽しみだ。

エントリーマシンが2台とも無事にフィニッシュできたシュコダ勢もニコニコらしい。全体的にクルマの種類が少なすぎるんじゃないの?と思える最近(とは言っても私もかなりの新参者)、シュコダがいたのは嬉しかった。

スーパー2000… うーん、どうなんですかね。
スポンサーサイト

2006/10/08 (Sun) 利根川へ
鈴鹿GPを見終えてからすぐに外出、あまりにも天気がよかったので利根川あたりに行って写真を撮りたかったので。
で、行ってみました。

ota_2


ちょっと場所選びを間違えてしまった…けど大丈夫かな
右側はゴルフ場です

ota_3


自分を撮ってみたりして

ota_1


ジェットスキー愛好者が集う場所あたりはこんな感じにみずたまりが。
ススキや秋の野花がワイルドに生えていて、遠景に富士山もきれいに見え、予想を上回るいいルートになりました

2006/10/08 (Sun) 鈴鹿GP
鈴鹿GP観てます!

コマーシャルが多すぎて正直辟易。
まったく集中できない!
これだけ多いと嫌気が差してプロ野球の西武SB戦を観てた方がいいやという一般聴衆もいるんだろうな、でもF1はコアなファンが多いからきっとそれでも頑張って観るんだろうな…

ちなみにF1の熱狂的なファンである友人のNちゃんが第1コーナーと第2コーナーの間あたりで観戦しているそう。電話かけてきてくれたけどエンジン音で聴こえなかった!

いつか観に行ってみたいな。

------------------------------------

シューマッハエンジントラブルでリタイア…!

実況の皆さん唸りっぱなし+悪態つきっぱなし

余談だが実況担当のアナウンサーは言葉遣いがどうも不思議で笑ってしまう。おもしろいことを言って盛り上げようとしているのかも知れないが、こちらとしては意味のないことを言ってエンジン音を遮られるくらいだったら黙っていただきたい。
古館さんのようなウィットに富んだ、場面に合ったおもしろい言い回しなら良いものの、もはや意味不明になっているとイライラするばかり。
ほんとにいいんですかと問いたい、フジテレビに。

2006/10/04 (Wed) 二村保さんの写真集
元トヨタのWRCチーム代表で、現在J-Sports PlusのWRC番組コメンテーターの福井敏雄さんから、名カメラマン二村保さんの写真集をいただいた。
今までのラリー写真で見たことないほどに、極端とも言える二村さんの写真。大きく切り取った風景の中にまるで迷い込んだてんとう虫のようにラリーカーが収まっている。どっちがメインなのかな、と思えるほど微妙なバランス。こんなのは初めてて、衝撃だった。

ラリーとは何なのか、スポーツである以前に生き方で、その土地土地の人に影響を与えるお祭りで、人が死ぬこともあれば出会いが生まれる場でもある。
二村さんの遠景写真からはサファリの泥っぽい匂いや雨の匂いがして、盗み撮りしたようなドライバー達のアップ写真からは汗の匂いが漂ってきそうで、ラリーというモノの存在が生々しく感じられる。
二村さんが何を撮りたいか、伝えたいか、それがわかる写真集。
こんなすばらしい写真集をいただけて、本当に幸せだ。
勉強させていただきます。

私も自分が撮りたいと思えるものを、思い通りに撮れるようになりたい!

2006/10/03 (Tue) ラリージャパン06:15



同じくラリー後!
2位フィニッシュしたマーカス・グロンホルム(フォード)は一気に
プレスに囲まれた。車内に乗り込んで何かいじっている人はISCの
オンボードカメラクルー。彼らがオンボードカメラの映像をしっかり
管理しているおかげで、あのすばらしい映像の数々が見られる。

いつか取材してみたい人たちです。

2006/10/03 (Tue) ラリージャパン06:14



アップするのに間が空いてしまいました…
ラリー終了後、ミッコのコドラのヤルモ・レーティネンに歩み寄るクリス・アトキンソン。
空はごらんの通り最高の写真日和!

プロフィール

AJK

Author:AJK
WRC観戦が趣味の通訳・翻訳者です。
ひとつの文化として世界ラリー選手権が大好き!
テレビ朝日「地球の走り方」のコメンテーターとして出演中。

米国で会議通訳修士号(MACI)を取得後に自動車専門の同時・逐次通訳として活動、2015年より日本で会議通訳者として活動しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。