2017・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/30 (Fri) ラリーノルウェー2007:その10
2/21 Alta, Day 2
快晴!オーロラが見られなかったのは本当に悔しかったが、しょうがない。また来るしかない!今日もラルシュが朝からいろいろ案内してくれた。
快晴!


[ Alta Museum ]
アルタの歴史をまとめた美しい博物館。およそ5000年前に刻まれたという絵文字(petroglyphs)が見られるというので、考古学が専攻だった私の血が騒ぐ騒ぐ!
(ちなみに海岸線に残されているものは、当然のように見ることが叶わなかった。
冬季=積雪=見られるわけがない。あああ)
小さいものだけ現物見られた!


この地域は北極圏に古くから住むサーメ族(一般的にはラップまたはラップランド人と呼ばれているが、正しくはサーメもしくはサーミ)が今でも住んでおり、北米ネイティブアメリカンと同様、独自のコミュニティがいくつか存在する。古い写真を見ると一目瞭然だが、人種のミックスが非常に進んでしまっており、顔つきが一般のノルウェー人とあまり変わらなくなったようだ。

ノルウェーの最北端に近いアルタだが、海岸線の外に二つの島があり、それらが北海の厳しい風をブロックする役目を果たしており、周りの町より気候が穏やかで気温も高めらしい(オスロより数度低い程度)。絵文字を遺した先住民(サーミであるという確証は今のところない)、そしてその後住みついたヨーロッパ系の人達はここに住み、繁栄してきた。付近に住むサーミの人々は山の幸や副産物を持ち寄り、市場が栄えた。
そんなアルタの歴史を、このアルタ・ミュージアムですべて見ることができる。
1991年に建てられたこのミュージアム、1993年にはBest Museum of Europeに選出されたとか。小さいながらもセンスよくまとめられ、さらっと楽しむことが出来る。
オーロラの研究のセクションでは様々なオーロラの映像も見られるので飽きない。
 Alta Museum公式ページ

博物館の全面窓からの眺め

昔、スレートはソリで運ばれていた

サーメ人のトナカイ毛皮の靴

上から二番目はサーメ語



夕方6:45の便でオスロに戻らねばならないので、この後空港へ。
ロビーで待っていたら伝統的なサーメの帽子を被った女性が現れて「写真!写真!」と思ったが、家族の見送りに来て見世物になるのも気持ちよくないだろうと断念。
ちなみに道で遊んでいた子供達の足元を何気なく見たら、トナカイの毛皮の靴だったのが素敵だった。ごく自然に、現代のノルウェー文化の町に伝統が溶け込んでいる素敵な町。また来るよ、と念じつつアルタを発った。

オスロ着。
翌朝オスロを発つので、同じThonチェーンのエアポートホテルへチェックイン。
市内のものよりサービスは若干落ちるが、内装はこだわっているらしくかなりモダン。
泊まった部屋

ロビー脇のレストラン



2/22 Oslo to Japan
朝ごはんのクオリティが市内のThon Hotel Europaに劣っていたのが残念!小エビのマヨネーズ和えが食べたかった… 朝食を食べてすぐチェックアウト、帰りは再びコペンハーゲン空港経由で成田へ。コペンハーゲン空港で2時間ほど過ごせたらどんなに良かったか!木肌のグラデーションが本当に美しく、全てにおいてセンスが良いから。次にここに来れるのはいつになるやら。
成田もこのぐらい自国のセンスを生かしたデザインにしてくれたらなあ…
またねノルウェー



ちなみに成田の床を観察することをすっかり忘れてしまっていた。うわーん!次回はいつになることか…
スポンサーサイト

2007/03/29 (Thu) ラリーノルウェー2007:その9
2/20 Oslo to Alta

ハーマルからオスロに戻った19日にスカンジナビア航空のサイトでアルタ行きの便をチェックしたらなんと!
大人二人のオスロ⇔アルタ間のチケットは日本円にしてわずか15000円強。
正規料金でこの安さ…ノルウェーの(高すぎるほどの)物価に慣れつつある身としては拍子抜けするほどだ。もちろん予約。

そして朝、オスロ空港から出発。窓の外に見える光景がだんだん見慣れないものになってきてたまらなくどきどきする。一面真っ白!2時間ほどのフライトの後、北極圏の町、アルタに到着。

Alta, Norway

-20℃くらい?

飛行機を降りた瞬間の感想「寒!!」

到着ロビーに向かうと、アルタのスバル・ディーラーのラルシュ・ブローデル氏に迎えられた。
「僕の町へようこそ!まさか本当に来てくれるなんて、本当に嬉しいですよ。皆、行くと言いつつ誰も来ないんですから」

ホテルに向かう前に町をぐるっと案内してくれると言う。
アルタ(Google Map)は砂漠並みに乾燥している町で、年間降水量はラルシュいわく「400mm程度なんですよ」とくに冬季は気温が上がらないので、一度雪が降ったら解けずにそのままずーっと残る。実際、道脇にどけられた雪の山は真っ白のままで、通常見られる汚い茶色はまったく見られなかった。こんなの初めてだ!

一面真っ白のアルタ


アルタの名産は、Slate(ノルウェー語でSkifer)。
昔から続く産業で、その大部分が日本に輸出されるらしい。『家の屋根用だそうです』瓦葺でない家のものかな… 『そうそう、あと成田空港の床はアルタのSlateを使ってるんですよ!帰国したら見てみてください」

これは会社名

アルタの名産、スレート

そしてホテルに到着。なかなかきれいなホテルだ…
あまりにも全てから離れた町なので、少々不安がっていた母、驚愕。聞けば、この地域の経済は右肩上がりでホテルの建設ラッシュなのだという。事実、私達が泊まったホテルも鋭意増設中だった(しかもスイートを中心に!)

ホテルの入り口横にあった各都市への距離

ホテルのレストラン。左側には暖炉が

ホテルでひと休みしてから再び外へ。

[ Alta Igloo Hotel ]

北極圏のスウェーデン、ノルウェーにいくつかあるらしい、人気の「アイスホテル」。ここアルタにも有名なイグルー・ホテルがある。(イグルーってアラスカのネイティブアメリカンの言葉なんじゃ…いいのかな)前日にラルシュが話をつけていたらしく、オーナーの男性が丁寧に案内してくれた。

氷の白鳥がお出迎え

古代絵文字が刻まれている


外気がおよそ-24℃ぐらいだったのだが、アイスホテルの中は常に-5℃に保たれているとか。そんな寒いとこで眠れないって…と思っていたら、氷のベッドにトナカイの毛皮を敷き、さらに寝袋(-40℃までOK)を載せて寝るので快適らしい。
『身体は温かく、頭は冷たい状態なので朝起きるとしゃきっとすると好評なんですよ』
なるほど、頭寒足熱なのね。理に適っているかもしれない…

アイスホテルその他いろいろ:
・建設には3週間かかる
・初年度(8年前)は札幌雪祭りの職人さん達を招いたらしい
 現在は地元の職人でOK
・アートギャラリーもある
・結婚式もあげられる(ブライダルスイートに宿泊することが条件)
・毎年デコレーションのテーマが全く違うので毎年楽しめる
・『材料費がかからないのでこっちとしては助かりますよ!』
シングル・ダブルルームが並ぶ廊下


ちなみにログキャビン風のロビーの隣にはステキなレストランが併設されている。
レストラン


泊まりたかった!次回は絶対ここに泊まろう。
Alta Igloo Hotel

[ Subaru Alta ]
次はラルシュがオーナーを務めるアルタのクルマのディーラーへ。
スバルとシトロエンの正規ディーラーで、他メーカーの中古車も扱っている。
人口20000人強の町で去年、220台の車を売ったらしい。
そのうち90台がスバル、中古も多いが多くの新車(だいたいがフォレスター)も売れたらしい。氏が大事な宝物を見せてくれるというので着いていくと、一台のSVXが。
「ノルウェーに2台しかないうちの、1台です」と嬉しそうだ。
満面の笑顔!


ちなみにこのディーラー、オフィス部分にサウナもある。従業員はもちろん、彼らの家族も自由に使っていいらしい。しかも毎年全員で北欧およびヨーロッパ内を旅行するらしい!道理で「誰も辞めてない」はずだ…

その夜はラルシュ、奥様、二人の息子さんたちとディナー。
二人とも英語ペラペラ、上の息子さんはフランス語、下の息子さんはフィンランド語も学んでいるという。恐るべしノルウェーの言語教育!

オランダから来たマネージャーのおかげでノルウェー国内でも指折りの評価を得るようになったというこのレストラン、名物は「北極の味」お試しコースだ。私と母、ラルシュ夫妻は特別な下準備を経たタラ(Stockfish)、子供達はトナカイのステーキをいただいた。この魚がまた絶品!!!トナカイもおいしいけど、この魚のきゅっとした固めの歯ごたえと絶妙な塩加減がたまらなかった。ノルウェーに行ったらこれを食べない手はない!
雰囲気も抜群



おなかいっぱいになり、丁重に礼を述べホテルへ。
前日オーロラが見られたというので、天候も良いことから期待していたのだが見られず。残念。

2007/03/29 (Thu) ラリーノルウェー2007:その8
ものすごく間が空いてしまいました~~
ノルウェーもうちょっとで終わり、続いてメキシコです。

2/18 Leg 3

[ SS18 Elverum ]
スバルノルウェーの人達(土曜日に大人数が合流して2倍の人数になったため、大型バス6台で移動というものすごいことに)と再びラリー観戦。このステージにはジャンプスポットがあり、ここに陣取ることになった。

どこを見てもスバルの旗だらけ

ジャンプスポットに飛び込むジジ・ガリ

Solberg, My Petter Solberg...

かわいい~

↑ホットドッグを焼くのに使っただろう小枝で「がんばれソルベルグ兄弟」と書かれた紙皿をかぶった雪だるま


Rally Norway Results
1.ヒルボネン
2.グロンホルム
3.H.ソルベルグ
4.P.ソルベルグ
5.ラトバラ


ラリーノルウェーの初代王者に輝いたのは活躍も目覚しいミッコ・ヒルボネン、2位はベテランのグロンホルム。恐るべしフォード勢…!
ペターとヘニングが3位争いの大バトルを繰り広げたが、勝ったのは4位で弟ペターを追っていた兄ヘニング。やっぱりこの接戦があるからこそラリーはおもしろい!!
途中まで素晴らしい走りを見せていたセバスチャン・ローブはコースオフを繰り返し、リタイア。既にWRC史にその名を刻んでいる天才ドライバーの、あまりにも珍しいドライバーエラー。今後同じことが起こる可能性は0に近いんじゃないかなぁとは思う。全く別次元のドライバーだもの。


[ PODIUM CEREMONY ]

マイナス一桁!

拍子抜けするほどぬるい天候の中開催されたセレモニー。
出遅れたせいでポディウムが見えず…

兄弟バトルを制したヘニング

いろんな旗があるね

ソルベルグ兄弟、特にヘニングは大喝采を浴びていた。

たくさんの見知った顔に会い、ラリーのアクションもよく見られ、街のパレードやお店なども見られてかなり濃く楽しい数日間だった。来てよかった!
来年はWRCカレンダーに載ってないけど、主催・運営が国がらみということもありしっかりしていて、ステージにもアクセスしやすくマーシャル達もしっかりしていたようなので、レギュラー化を狙えるのではという声も聞いた。
どうなるのかな…


明日はまた電車でオスロに戻り、一休み。
スバル・ノルウェーのディーラーさんが奥さんと共に「僕らの街に来てみませんか、ご案内しますよ」と言ってくれたので行ってみることにした。
目指すはアルタ、北極圏の街!


ありがとうハーマル、またいつか


2007/03/13 (Tue) ラリーノルウェー2007:その7
Leg2 余談!

Kirsten Flagstad Museum

母が行きたがっていたこのちいさな資料館、思いがけず素晴らしい体験ができたので別エントリにしてみました。音楽好きの方はぜひ!

看板と建物


20世紀最高のワグナリアン・ソプラノと呼ばれたキルシュテンの生家は、同時に、現存するハーマル最古の建造物でもある。ワグナーのオペラは驚異的な声量と技量を必要とするため、本来望まれるレベルで歌いこなせるソプラノは少ないと言う。ワグナーが歌えるというだけでそのソプラノのアイデンティティが決まると言っていい。(以上母の受け売り)

キルシュテンは幼いころから突出した歌声で頭角を現し、ワグナリアン・ソプラノの最高峰としてニューヨークのメットで契約を結び、メットの再興に貢献した。第二次世界大戦の時期はナチのシンパなのではと疑いをかけられ、母国の人々から糾弾されたり全財産を失ったりなどと大変な苦労があったらしい。現在この資料館を運営している女性が「彼女の功績を広く世に知らせ、同胞であるはずの我々ノルウェー人が彼女にしたことを償わなければなりません」と悲しそうに語っていたのが印象的だった。

衣装と私物の数々 
衣装とそれを着用しているキルシュテンの写真 
あまりに有名なヴァルキリーの衣装


「オペラ歌手=ヴァルキリーを歌う太った女性」という印象を持つ人も少なくないのでは。元からあったそのイメージを決定づけたのはキルシュテン…らしい。

ちなみにこのキルシュテン・フラグスタ資料館、母が大学時代ソプラノを専攻していて現在もクラシック音楽の愛好家であることから訪問をプランしていたのだが、決して目立つ建物ではない。古来街の中心であった教会(前述の聖堂)のすぐ傍の道脇にぽつんと立っていて簡単に見過ごしてしまうほど。

この看板が目印!


だが、彼女が得意としていた裁縫や写真の数々、舞台衣装や数々のメダルや勲章、加えて彼女が歌った有名なクラシック音楽のアリアやノルウェーの歌(めずらしい!)を収めたCDを、スタッフの説明を交えながら観賞することが出来る素晴らしい資料館だ。入館直後に「外は寒かったでしょう、ホットレモネードとクッキーはいかが?」と、暖かい飲み物とクッキーを出してくれた心遣いも嬉しかった。
キルシュテンはパッチワークも得意

アメリカでの生活の影響か、アメリカ風パッチワークも製作。
同じくキルターでパッチワーカーの母、大喜び。

音楽に興味がある方、カラフルにペイントされた北欧の古い家屋をそのまま活かしたアットホームな雰囲気を体感したい方はぜひ。この不世出のソプラノをおさめた唯一のフィルム(ヴァルキリーの叫びのアリア抜粋)が観賞できる、数少ない場所だ。

>>> キルシュテン・フラグスタ資料館(諾/英/独)

ちなみに運営が少々苦しいらしい…がんばってほしいなあ。
オペラファンにはたまらないと思う。

2007/03/13 (Tue) ラリーノルウェー:その6
2/17 Leg 2

街で催し物があるらしいので、この日は街をぶらぶらして、ステージは最後のスーパースペシャル(徒歩で行ける)だけにしてみた。

イッタラのキャンディ・ディッシュ

毛糸!


ノルウェーのセーター(それもデザイナー物)、アクセサリー、北欧のグッズなどすばらしい品揃え。きれいな色の毛糸もたくさん!


外でなにやらアナウンスが始まったので外へ。


[ MOOSE PARADE ]

パパも子供もムース


ムース・パレードなるイベントのスタートだ。
大人も子供も難しい年頃であるはずのティーンエイジャーもみんな、ムース(エルク)のツノをつけてパレードに参加。ちなみに参加者の人達は手にバスケットを持っており、ツノを模したヘアバンドやクッキーなどを売っていた。なるほど、ティーンエイジャーも小遣い稼ぎが出来て一石二鳥なのね。
ツノはつけなかったが私と母もパレードとともにぞろぞろ移動。
大人も子供も犬もみんなでぞろぞろ。

ムースが指揮者


パレードも終わったのでもうちょっと散策。


[ ノルウェーで最も小さな大聖堂(Cathedral) ]
ヨーロッパで街の中心と言えば教会


すっきりきれいな外観


ルーテル派の聖堂。誰でも入り、静かな祈りのひと時を過ごすことが出来る。


教会の後は世紀の名ソプラノ、キルシュテン・フラグスタ資料館へ。
これについては、次のエントリで。


[ SS17 Hamar ]

こんなカンバンを見ながらステージへ


ハーマルのスーパースペシャルステージは先ほどの資料館や教会からちょっと歩いた程度の距離にある。ご近所さんが開いたちいさな出店でホットドッグを買い、食べながらステージへ。

Polser=ホットドッグ


結果:入場が出遅れたせいでほとんど何も見えなかった!残念。

もうちょっと前だったらよく見えたのに

フィーバーしている親と爆睡している子供

P.G.アンダーソン(アンダション)



[ Hamar Cathedral Ruins ]

その夜は、スヴァルダル氏の案内で中世の大聖堂跡へ。
実は去年もここに行ったのだが、冬季は閉館しているため外から眺めるだけだった。今年はラリーで観光客が増えていることもあり、特別に毎日数時間だけ開館されることになったとか。若い女性ガイドさんが中世風の黒いマントを見にまとい、地域の歴史とこの教会のことを丁寧に語ってくれた。50NOK。

暗すぎて私のカメラ(と腕)ではきれいな写真が撮れませんでした…


バイキングの時代後に築かれたカトリックの聖堂は、その後広まったプロテスタントのルーテル派によってごく短い間だけルーテル派の教会として使用され、その後放置され、スウェーデンとの戦争での大砲の被害により大破。完全に遺跡となった建物の壁を、近所の村の青少年たちが度胸試しに駆け上がるようになったらしい。貴重な文化財であるという認識がようやく高まったところで、(アメリカの富豪に嫁いだらしい)この街出身の女性が、聖堂跡をすっぽり覆うガラスの建造物を寄贈したらしい。
もろもろ確認せずに記憶を頼りに書いているので、間違いがあったらすみません。

ろうそくだけで照らされた遺跡内


イナカ道をがたがた進んでいったあとに目に入る、ガラスのピラミッドの中に石積みの聖堂の跡が厳かに佇んでいる様子は圧巻。ハーマル、リレハンメルあたりに来られる方に絶対のおすすめ。考古学や歴史知らない人もぜひ。施設全体が美しくセンスよくまとめられていて、雰囲気も最高です。博物館も併設。ついに入れずじまいだったけど…

>>> Hamar Cathedral (wikipedia)
>>> 別の写真1
>>> 別の写真2

ちなみに夏季は結婚式なども執り行っているとのこと。

プロフィール

AJK

Author:AJK
WRC観戦が趣味の通訳・翻訳者です。
ひとつの文化として世界ラリー選手権が大好き!
テレビ朝日「地球の走り方」のコメンテーターとして出演中。

米国で会議通訳修士号(MACI)を取得後に自動車専門の同時・逐次通訳として活動、2015年より日本で会議通訳者として活動しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。